当社は、外務省、経済産業省から国際医療交流コーディネーター(医療渡航支援企業)として登録されています。
医療滞在ビザに係る身元保証機関の登録事業者です。

外国人受診者が安心の医療サービスを受けるために

“日本の医療機関で治療を受けたい。” ―― 世界中の患者さまからの需要が近年高まる中で日本国内の医療機関でも外国人患者さまを受入れるための体制作りが始まっています。2011年1月に医療滞在ビザ発給制度の運用が開始されましたが、医療機関の外国人患者受け入れ窓口、多言語対応の遅れ等で国際標準の医療サービスの提供が進展していない状況にあります。患者さまが外国の医療機関で医療サービスを受ける際、治療・検査を含めた病院情報に加えて、現地での滞在プラン・通訳者派遣・介助などのサポート情報の提供が必要となります。患者さまが安心して医療サービスを受けられるトータルサポートが重要です。

サービス紹介

患者さまの様々なご要望にサポート対応いたします

  • 治療の流れ
  • 翻訳

    患者さまの医療情報の翻訳 / 一般および医療通訳サポート / 治療後の医療情報報告書の翻訳

    調整・手配・代行

    受入医療機関への医療情報の通知 / 医療滞在ビザ申請の窓口 / 宿泊施設および航空券のご案内または手配 / 受入医療機関ご入院に係る事前手続きの代行 / 患者さま又は居住国病院への医療情報報告書のご送付

    日本滞在中のサポート

    治療費の支払い代行 / 入出国時の空港への送迎および宿泊手続きサポート / ご入院に係る事前のご説明 / 患者さま来日中は24時間コールサービス(携帯電話のお貸し出し)

日本医療の特徴

最高の技術とおもてなしを提供する「医療先進国 日本」の医療

日本医療の評価は総合世界No.1

世界保健機構(WHO)・経済協力開発機構(OECD)の報告によれば日本の医療は医療健康達成度、健康寿命、平均寿命それぞれ総合世界一位に評価されています。また、日本の医療は、国際的にも世界有数の優れた医療技術と設備を有しております。
高齢化社会が進む医療環境下にあって、心臓病による死亡率、がんによる死亡率などはOECD加盟国において低い水準を維持しています。


会社案内

  • 株式会社 国際先進医療センター

    〒710-0826 岡山県倉敷市老松町2-1-5

    [TEL] 086-441-6667

    [FAX] 086-441-6665

    [営業時間] 9:00~18:00

    [定休日] 土・日・祝日

    電話 Eメール Skype WeChat 微信 QQ Weiboブログ